笑顔

低血圧の症状改善しよう!栄養チャージでハツラツ生活

アミノ酸と血圧の関係

薬

アミノ酸と血圧の関係

アミノ酸と高血圧の関係について。高血圧には様々な原因がありますが、その対処法の一つに、アミノ酸を積極的に摂るというものがあります。特に必須アミノ酸は、人の体内で十分な量が作られないため、食品やサプリなどから摂取する必要があります。アミノ酸を摂取することで、神経伝達物質である「セロトニン」の生成を助けます。セロトニンが副交感神経の働きを高めると、心身がリラックスして自律神経のバランスが整えられるのです。それが呼吸や心拍数を整え、心臓や血管の収縮を和らげるため、高血圧の改善が期待できるのです。そのためには、必須アミノ酸をはじめとしたサプリを摂取する習慣をつけると良いでしょう。そうして自律神経を意識した生活を心がけましょう。

交感神経の働きを抑える

高血圧を改善するためには、必須アミノ酸をサプリなどから摂取して、自律神経のバランスを整えることが大切だと書いてきました。本項では、そのメカニズムについて、詳しく説明いたします。自律神経は交感神経と副交感神経からなります。そして自律神経の乱れの多くは、交感神経が優位な状態が続くことによって引き起こされます。交感神経の働きを抑えるためには、副交感神経の働きを高める必要があります。そのためには、セロトニンの生成・分泌を促すことが必要不可欠です。セロトニンは副交感神経の働きを高める神経伝達物質ですが、必須アミノ酸を原料として生成されます。そしてその分泌を促すのは、規則正しい生活やリズム運動など、一定のリズムを繰り返すことなのです。必須アミノ酸をサプリから摂取することによって、セロトニンは生成できますが、それを分泌するためには、生活習慣の改善が求められます。高血圧を改善するためには、セロトニンの分泌が必要なため、サプリメントだけでなく、生活習慣の改善も必要ということです。